ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
幽遊白書2


超人気コミック幽遊白書のゲーム版。
前作のコマンド式ゲームとは変わり、格闘ゲームになっている。

ストーリーは戸愚呂を倒すところまで。
久々の格ゲー、頑張りました。

まずは、桑原と喧嘩をしてから蔵馬を倒し、飛影と倉庫でのバトル。

ここでは人間タイプの飛影と戦うことになり、勝っても原作で出現する本来の姿の飛影とは戦わない。
そればかりか、飛影が仲間になる。
スライディングで倒れる飛影。あっけなさすぎた。

話は進んで行き、戸愚呂との出会いのシーンへ。

原作ではこの辺が好き。
しかもこのグラフィック、原作にそっくりでファンのテンションを上げてくれる仕様。
原作どおり話は進んでいく。そのほとんどが文章によって表現されているので、見ていて面白くなかった。
色んな奴とバトルがしたかったのに、全部文章。読むの疲れた。

さて、暗黒武術会です。
幻海と修行に出た幽助。当然戦闘には出れないので、蔵馬をチョイス。
ちなみに、修行の風景は一切なしで全部文章でした。
疲れた。
そんな恨みを晴らすために、ここは蔵馬で快勝。

続いて戻ってきた幽助と戸愚呂の戦いだ!
原作で一番燃えるバトルなだけに、ゲームにも期待。

えーっと、スライディングでやられる戸愚呂。
このゲーム、タイミングよくスライディング(幽助で↓とA)をかませばノーダメージで倒すことも出来ます。
それを発見してしまったので、物凄い強いはずの戸愚呂、貧弱でした。
やるねぇ・・・と言われたけど、そんなに嬉しくなかった。
「伊達にあの世は見てねぇぜ!!」

しかし、戸愚呂の本当の力はこれからだったのだ!
フルパワーで戦いを仕掛けてくる戸愚呂!!
原作では弱い奴らの魂を吸っていますが、このゲームではそんなシーン一切なし!
お約束の文章でも戸愚呂に触れることはなかった。

そしてスライディングでやられる戸愚呂。


内容が薄い上にゲーム自体が短くて・・・。
最近出た新しい幽白のゲームはどうなんだろう。ちょっとやってみたいなぁ。
でも面白かった。スライディングで全員倒せる辺りが。

【2006年10月16日 月曜日】 author : かじゃ | アクション | スーパーファミコン |

幽遊白書2へのコメント
幽遊白書2にコメントを投稿

 


URL