ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
アクトレイザー


サタンによって滅ぼされてしまった世界。
この世界を復興すべく、神が目覚めた。
各所に巣食う魔物を退治し、人間の住める土地を開拓していき、魔王サタンを打ちのめす。

シミュレーションとアクションが合体した新しいタイプのゲーム。

まずは人の住める状態にするために、アクションモードからゲームが始まる。
基本的には横スクロールアクション。ジャンプして障害物を乗り越え、剣で攻撃する。
このアクションモードをクリアすると、いよいよシミュレーションモード。
ここでは最初に地上に降り立った二人の人間から願い事をされ、それに従う・・・という立場が逆転してるような状態から始まる。
まぁそれも最初だけで、土地が発展していくにつれ、神自身が思ったように操作できるようになる。

この荒廃した土地は全部で6個あり、シミュレーションモードをクリアすると、完全に魔物から人間たちを守るために再度アクションモードに突入する、
そのため、アクションモードは12回ある、ということだ。
それにプラスして、ラスボスとの戦闘が1つあるので、計13になる。


アクション色が強いゲームだけど、操作性とシステムに難がある。
少し飛びたいだけなのに、いっぱい飛んじゃう。とか。
これはこれで難易度を上げてくれているのでよしとしますか。
しかし、プレイヤーは神様という設定だったはず。
なぜに芋虫に触れただけでダメージを受けるんですか、と。
しまいには針に触れると神様なのに昇天しちまいますよorz
もうちょい色々考えて欲しかったなぁ、と折角面白いゲームなのに悔やまれる点が多すぎた。

そしてラスボス前のact2ボス総出演。
なぜに全部のボス復活してるのよ。
ボス全部倒した後に、ようやくラスボスって・・・。
俺が思うに、ラスボスが一番弱いんじゃないかと。
剣からビームみたいのがビュンビュン出て、それを当てるだけ。
攻撃も単純で、何度か挑戦すれば普通に避けられる。
でも、何度か挑戦するにも、そこまで行くのが一苦労。
もう少しマシな難易度の上げ方を考えられなかったのかなぁ。


続いてシミュレーションモードについて何点か。
雷や太陽を使って、そこに住んでいる人間を助けることが出来る。
それを使うにはSPというポイントが必要。
しかし、このSPはシミュレーションモードにある「魔物の巣」を全滅させてしまうと増えることがない。
よって、早く魔物の巣を全滅させると雷で道を作ったり、という個人的に一番好きなことができなくなってしまうのだ。
仕方なく別の土地へ移動してSPを貯めて戻ってくる。
後からある部分を色々しないと魔法が手に入らない、とかに気づいて時既に遅し・・ってこともありうるから、SPの自然回復が欲しかったな。
それ以外はいい出来だった。人間もちょこまか動いてかわいらしかったし。


ボス総出演っていうアクションゲーム多いけど、その時点でやる気無くすよ。
これも例外ではなかった。
でも、総合的に見れば面白かったので、良かったかな。

【2006年8月16日 水曜日】 author : かじゃ | アクションRPG | スーパーファミコン |

アクトレイザーへのコメント
アクトレイザーにコメントを投稿

 


URL