ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
セプテントリオン


予想外の嵐の中、航海は困難を極めていた。
黒く重い潮を全身に浴び、豪華客船クリサニア号は、苦痛に身を震わせている。
1921年9月13日午後7時11分。
その後永久に陽の目を見ることのない航海日誌には、
「記録的な大波が観測され、船を襲った。」
そう小さく記された。
それは乗員乗客2300人を乗せた史上最大の客船の、皮肉な最期である。

幸福の絶頂から悪夢への転落。
耐え難いその現実は、人々を深淵の恐怖に陥いれ、人間の心を瞬く間に奪い去った。
死神のように。

そうして本当の悲劇の幕は切って落された‥‥‥。

まぁ簡単に言うと沈没しかけた船から脱出せよ!
っていう感じのゲーム。
プリンスオブペルシャと似た部分がある。
まず一つは操作性に難があること。
二つ目は、ゲームをクリアするまでに制限時間が設けられていること。
似てる!!!!


まずは4人の主人公の中から1人選んでゲームスタート。
転覆する前の楽しげな豪華客船のシーンが流れる。
しばらくすると突如大きな揺れが襲い、転覆。
ゲームやってる俺がびっくりしちゃったよ。急にだからねぇ。
んで、主人公が気がつくと、今まで近くにいた人が横たわっている。
調べてみると死んでるらしい。
しかも背景が微妙におかしい。なんだ?と思ってよく見てみる。
・・・上下が逆になっていやがる。

ただでさえ難しいこの手のゲーム、上下逆って・・・orz
階段上りたくても逆だから上れない。挙句の果てに海の上にいるもんだから、微妙にゆっくり画面が上下にゆれてる。やってるうちに酔ってきた・・・。

全然出口も分からず、てくてく歩いていると、突然画面がシェイク。
45度ほど右側に傾く。・・・そうか。転覆して海の上だもんな。
って理解したのはいいけど、今まで斜めになってた部分が壁になって上れない!
よくできてるなぁ、このゲーム。とただただ関心。プリペルにこの機能ついてたら最悪の難関ゲームになってたんだろうなぁ、と思った。


2時間程プレイして、なにやら音の違うマップに移動。
背景にタンクとかあって、すげー怪しい。
もしやここが出口なんじゃないか?と上に上ってみる。
が、ココ結構難しい。高いところから飛び降りると、主人公が気を失って、5分のタイムロスになってしまう。
ここは慎重に・・・とやってても落ちちゃう。
色々やってるうちに、普段は暗いこのフロアに明るい光がさしてきた。
思わず朝になったのか!?と思ったのは↓のシーン。

多分違いますね。いったい何だったんだろうか・・・。
朝はさておき、あっさり時間切れになりガメオベラ。
また最初からプレイ。このタンクフロアに来たのがまぐれだったのに、また行けと。
迷っているうちに、タンクフロアまでの道を覚える。
いざタンクフロア攻略に挑戦。
合計1時間程度やってると、ついに怪しい扉を発見。
中に入ってみると外だー!!
脱出だー!しかも夜で空は晴れてる。
・・・ということは、やはりさっきの光は太陽光じゃなかったわけで・・・。

喜んだのもつかの間、なにやら色々主人公が言われてるぞ。
「君はいったい何をしていた!?」
怒鳴るなよ、うるせーな。とも言ってられない。
どうやら中に生存者がいるかもしれないので、それを見捨てたとか見捨ててないとかっていう話らしい。


ってことはこれ、バッドエンディングじゃん(´Д`;)

【2006年8月 8日 火曜日】 author : かじゃ | アクション | スーパーファミコン |

セプテントリオンへのコメント
セプテントリオンにコメントを投稿

 


URL