ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
ツインビー


コナミの名作シューティングシリーズの第一作目。
両腕があるときのみ地面に対して攻撃が出来、一度だけならやられても復活できるという面白いシステム。
音楽や背景、敵グラフィックなど独特の世界観が出ているゲームです。

カセット裏のシールに裏技が書いてあることは有名ですね。
昔にこの裏技使っても全然先に進めなかったものです。

まずは最初のボスです。

昔やってた頃はこいつを「飛行機」と読んでいました。
そりゃ飛行機で間違いじゃあないんですが・・・ボスらしくなくものすごい弱かった・・・。


続いてステージ2のボス。こいつは「セミ」と呼ばれていました。
なんかセミっぽいなぁってことで出た瞬間「セミ来た!」と思いながらプレイしてました。
懐古趣味はないと思うんですが・・・どうやらあるみたいです。
プレイしながら色々思い出してました。

次のステージ3のボスは

「カマキリ」。っぽいでしょー。昔は難しいながらもこの次のステージのボスが倒せなくてここで断念してました。
が、今は違います。
様々なゲームをクリアし、レベルが上がっていたようです。
そんなに難しいとは思わない。
次のステージのなんでもない敵を見たいがために昔プレイしてました。
そりゃ最後までいけないよ・・・と、その目当ての敵です。

通称「便器」。こいつ出てきた瞬間「便器出た!」って一人でつぶやくくらい嬉しかったです。
んで、こいつを拝めたらもうプレイする情熱はなくなりあえなくゲームオーバー。

今回は一応最後まで行きたいので、頑張りました。・・・少し。
未知なるステージ4のボスです。

相変わらずボスはそんなに強くない。
んー、こいつのあだ名は・・・「クモ」でいいや。
クモ、弱い。横にスクロールしながら攻撃してるだけって・・・。

続いて未知なる領域ステージ5です。

激しい敵の攻撃。なんじゃこりゃって言うくらいの猛攻です。
でも、恐らく前にシューティングやったときに書いたと思うんですが、シューティングで敵の猛攻を避けながらプレイするのが激しく好きなんです。
いや、決してマゾとかじゃなくて。
なんか避けてる自分見て「うまくなったなぁ」っていうアホらしくて誰にも自慢できない寂しい優越感に浸れます。
だからシューティングはやめられない!!

続いてもはじめてのボスです。

なんだろう、こいつのあだ名。
今パッと見、足を開いたメタナイト(カービィの登場キャラ)に似てるなぁと思いましたが実は似ていないのであだ名は保留です。
多分二度と会いません。

次なるステージ6は、ステージ1と同じ構成・・・。
つまりループか!!
なんて色々考えていると・・・

ボーーーーーン!!
久々にやられました。あと何機残ってるんだろう。
まぁ適当に頑張ろう。

ステージ6のボス。

んー、「飛行機」ですなぁ。
もしやしてシューティング特有の「るうぷ」というやつでしょうか。
いやいや、似てるだけで違うのかもしれないよ!
次のステージにとりあえず行けばわかるんじゃないか・・・?
と次に行っても「セミ」が登場、続いて「カマキリ」登場・・・。

「ル ー プ だ ! !」
思わず口にしてしまいました。
GCCXのDVD3特典映像がツインビーだと聞いて久々にプレイしてみたのにそりゃないぜとっつぁん。
結局最終スコアは・・・

こんなんでした。
多分大したこと無いんでしょう。
はぁー、事前に情報仕入れておくべきだった。
・・・というか昔の俺、スターソルジャーとかグラディウスを5時間とかプレイしてるならツインビーも消化しておけよ。

なんか少し寂しい気分になっています・・・。

【2006年11月20日 月曜日】 author : かじゃ | ファミコン | シューティング |

ツインビーへのコメント
ツインビーにコメントを投稿

 


URL