ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
タイトーメモリーズ2 上巻「バブルメモリーズ」


先月25日にタイトーメモリーズシリーズの2作目が発売されました。
アーケード作品やらが沢山詰め込まれているお買い得商品です。
上巻と下巻に分かれていて、それぞれ25本ずつのタイトルが収録されています。

今回はその中でも「バブルメモリーズ」という作品をプレイ。
タイトーおなじみのバブルボブルシリーズです。ストーリーモードと練習モードに別れていますので、今回はストーリーモードでプレイ。


タイトルはこんな感じです。
クレジットを入れてゲームスタートです。クレジットはR2ボタンで随時追加可能です。
今回の「バブルメモリーズ」は、コンテニュー回数やら何かの条件によってエンディングが変化するのでクレジット制限はしないことにしました。


ゲーム画面はおなじみですね。ファミコン時代から変わりません。
ファミコンのバブルボブルと比べると、やっぱり綺麗ですが、今回はAC移植ですんでどんなもんかは分かりません。


10階層おきにボスが登場します。
普通の泡では倒せないので、特殊なアイテムを取得してからのバトルになります。
このボス戦、クレジットを気にしないのであれば楽勝です。
特殊な泡は、破裂させないと効果を発揮しません。なので、左右どちらかの壁に密着し壁を向いた状態で泡を出し続けます。
すると、勝手に破裂するのでそのまま攻撃がボスに当たるのを待つだけです。
クレジット気にしなければこの方法が一番簡単で早いと思います。


・・・なんか大きくなったぞ。
特定のアイテムを入手すると体が大きくなり、無敵になります。
ちょっと動きづらいのが難点でしょうか。でも強いのでよしとしましょう。


このステージが一番コントローラーを投げたくなったステージです。
今いる真ん中に落ちないで右側に行きたいのに落ちちゃうんです。
・・・いや、ここに落ちて泡に乗れば簡単なんですが、どうしてもここに落ちたくないって感じで・・・。
ここで20分くらい真ん中に降り立たないように頑張りましたが、結局真ん中を無視できたのは数回でした。


中にはこんなインベーダーみたいなステージもあるんですね。
ゲーセン自体には行くんですが、こういったゲームはプレイしないので初めて知りました。
まぁでもこのステージはインベーダーと違って、敵の攻撃が壁を通り越してくるので壁の意味がないんです。
だまされました。


次はインベーダーみたい、じゃなくてインベーダーが出現しました。
でかいやつから小さい奴まで。ちくしょー、名古屋撃ちだー!
と身構えるとどうやらこれは単なるアイテムらしい。
このゲームにはタイトー作品のキャラクターが多々アイテムとして出てきます。
エレベーターアクションからは主人公じゃなくて、敵のエージェントみたいな奴が出てきてて面白かったです。
・・・単に主人公キャラを見れてなかっただけかも。


先ほども書いたボス戦ですが、こいつがラストになります。
なんかモンスターの王様。親玉。でかくて水中に生息してるみたいです。
水中なのでバビー(だったっけ、主人公の名前)の動きが物凄くスローモーになります。
なので、壁に向かって特殊な泡を出してるうちにボスに轢かれます。轢死って奴です。
何度もやられますが、クレジット無限の強みで何度もコンテニュー。


そして長い戦いに決着がつきました。
うーん、なんか普通のエンディングって感じがするんですが・・・。


ポーションが7つそろっていないので、モンスターになっちゃいました。
・・・えーーー、聞いてないよーーーーー!と言ってみる。
ここで「言ったじゃーん!」って返ってくると個人的には懐かしさで感動できます。
うーん、どうやらポーションとやらを7つ全部揃えないといけなかったらしい。
どこにあったんだろう、ポーション。もしかしてコンテニューすると消える仕組みとかなのかしら。

とりあえずクリアしましたが、納得いかないですねぇ。
でもノーコンでクリアするのは無理ですよ・・・。うーん、不完全燃焼。

【2007年2月 4日 日曜日】 author : かじゃ | パーティー | プレイステーション2 |

タイトーメモリーズ2 上巻「バブルメモリーズ」へのコメント
タイトーメモリーズ2 上巻「バブルメモリーズ」にコメントを投稿

 


URL