ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
ナゾラーランド第3号


サンソフトのオムニバス形式のソフト第3弾。
オムニバス形式・・・なんです。とりあえず色んなゲームが詰まっています。

確かこのシリーズはこれで最後です。べらぼうな難易度のゲーム作るより、ディスク書き換えの利点をうまく使ってこういうゲームが沢山、安く提供されて、なおかつディスクの導入のし易さがあればディスクがもうちょっと日の目を見る期間が長かったと思うんですが・・・。
いやぁ、実にもったいない。


ゲームを起動するとこんな画面になります。
6つのコンテンツに分かれている中で、今回は「ナゾラー少年探偵団」をプレイ。


アドベンチャーゲームの始まりです。
画期的なことに、このコンテンツの画面はこの1画面のみです。あとエンディング。
1画面謎解きアドベンチャーゲーム。しかも個人的に大好きな脱出系アドベンチャー。

色々調べられそうなものがありますねぇ。まず気になるのは画面中央にあるドラゴンボールみたいなピンク色の球体。
調べてみたら「おもち」でした。
あと、全体的にこの部屋に違和感を感じませんか?
扉の位置とか、窓の形とか。
なんか変です。決してそんな風に作ってないのかもしれませんが、扉が遠くにあるように見えます。
大学で奥行知覚について学んだことがありますが、まさにそれを思い出しました。
こういったタイプの画像だと、たまーに違和感あることがあります。


少し脱線したのでゲームに話を戻します。
このゲームの特徴その2です。
行動の項目が多すぎ。普通は使わないような「塗る」とか「入れる」といったコマンドが・・・。
普通は「つかう」で全ての行動がまとめられてるものなんですけどね。
しかも、無意味な行動をするとけなされます。
「塗る」が気になったので「塗る」を選択して対象を「冷蔵庫」にしたら、
「熱でもあるんですか?」って言われた・・・。いやいや・・・熱はありますが平熱です。
「無理です」とか言われるのが微妙に腹立たしいので、なるべく間違えたくないんですがさすがにこのコマンド数だとそうもいかないです。

さてさて、「おもち」については解決したので、人形を調べます。

このゲームの特徴その3です。この部屋には、ファービー人形(みたいなん)がありました。
1つ家にありますが、うるさいのですぐに電池を抜きました。
・・・ん?うるさいから電池を抜いた・・・?ということは・・・

電池はっけーん!
こんな感じで部屋から脱出するために色々調べて組み合わせて進んで行きます。
たんすから見つけためがねは・・・

何気ないこの動作、クリアには必須です。

淡々と話は進んでいますが、かなりの難易度です。
コマンドを入力すると予期しない行動をするんです。

銅線に電池をつけると、電磁石ができちゃいました。
これを使って、冷蔵庫の下にある鍵を取り出し、鍵のかかった冷蔵庫を開けて・・・って感じです。
なるべくこういった謎解きや脱出ゲームのクリア方法については書きたくないので、この辺で。

誰もプレイはしないと思いますが、脱出のヒントを。
1.冷蔵庫を開けて見つける「氷」。これは「氷」としては使いません。
2.部屋の内側には鍵穴があり、外側の鍵穴には部屋の鍵が刺さっています。
3.超重要アイテムは「日記」と「ホース」です。
4.一見意味不明な「塗る」コマンド。これが実は超重要コマンド。

ここまで書けばクリアはできます。
このゲームは発見したものをすぐに「あける」などの特殊なコマンドを使って、様々な方面で使います。
総当りには相当時間がかかりますが、それもありかと。
ちょっと考え方を変えてプレイすると楽しめます。
見事扉の鍵を手にするまでの過程で頭が良くなった、というか利口だなぁと思えるくらい面白い方法で脱出するので、吉本興業の芸人さんが登場する探偵ゲームなどに飽きたらプレイしてみるのもいいかもしれないですね。
ボリュームはそんなにないですが、結構時間かかりました。そしてかなりの良品です。

【2007年2月 1日 木曜日】 author : かじゃ | アドベンチャー | ディスクシステム |

ナゾラーランド第3号へのコメント
ナゾラーランド第3号にコメントを投稿

 


URL