ジャンル別
機種別
最近クリアしたゲーム
コメント
リンク
逆転裁判


カプコンの名作法廷アドベンチャーゲーム、逆転裁判です。
最近DSで新作が発売されたようなので、初代逆転裁判をプレイ。

発売当時にプレイしたんですが、1つ目までしかクリアしていなかったので全部は初めてです。
とりあえず長かった・・・。


逆転裁判はこのように全部で4つのエピソードに分かれています。
一つエピソードをクリアするごとに新しいエピソードが登場します。


事件はこんな感じでどれも犯人として捕まえられた人間と真犯人がいて、法廷内に証人として呼ばれる人物、つまり真犯人を探し出そう、といった感じのスタイルです。

主人公は成歩堂と書いてナルホドくん。このゲームはこんな感じのキャラクターばっかり出てきます。

まずはゲームの流れを覚えるために最初のエピソードは操作方法などを説明しながら進めることになります。

最初は簡単ですが、進めるにつれて記憶勝負になったりするので油断は禁物。


このように、証人として呼ばれた人は証言を開始します。
この証言をよく聞いて発言に矛盾がないか探すのが法廷での目的です。
一通り証言を聞くと

尋問タイムになります。

Lボタンで「ゆさぶる」、Rボタンで矛盾点をつく証拠品を「つきつける」ことができます。
L,Rボタンを押すと有名な


といったシーンに発展するわけです。

証人の発言から矛盾を見つけ、追い詰めることでその場で自白します。
その時点で弁護完了です。被告人は無罪となります。

基本的にこの無罪表示でエピソードが終了します。



んで、法廷シーンのアドベンチャーとは違った様々な証拠品を殺害現場から探し出すモードもあります。
そのときプレイヤーを補佐するキャラクターも登場します。
何か探偵物のゲームをやってる感じです。話しかけると次に行くところとか教えてくれます。


このキャラはなんとしても被告人を有罪にする冷徹男のミツルギ。
ルックスはイケメンだ。

そして初めてミツルギが出てきたエピソードでの証人です。
怒ると眼輪筋がピグピグするのがネックです。とりあえず無駄な話が多くて参っちゃいます。


コレ以降のエピソードは、ゲームの核心に触れますので書きません。
有罪とされている人を、様々なところで証拠品を見つけ、無罪にするという喜び。
これは初めてのタイプのゲームでした。謎を解くたびに嬉しいっていう。
普段推理アドベンチャーゲームをプレイしていると、捜査時間が長すぎて内容が把握しきれないという自体が発生します。
が、このゲームはエピソード毎に話が分かれていながら、微妙に繋がっているので捜査しやすいし内容を忘れることもありませんでした。
普通にありえないようなことが法廷内で繰り広げられるのがバカらしくて面白いです。
・・・面白いんですが!とりあえず無駄な話が長すぎてプレイ時間がかさみます。
あとメッセージの進み方が遅すぎる。これも問題でしょう。

携帯ゲーム機でのソフトです。そんなに長くなくていいのでは?
これが改善されれば結構いい感じに楽しめる長さになると思いました。

【2007年1月11日 木曜日】 author : かじゃ | アドベンチャー | ゲームボーイアドバンス |

逆転裁判へのコメント
逆転裁判にコメントを投稿

 


URL